FC2ブログ
It was blue moon. She only came once in a blue moon. But she is here now. It is blue moon. Wishes come true once in a blue moon.
魔女の塔ハードを攻略してみる
2010-03-29 Mon 10:00
ども、じくーです!


本日はこちら。

Maple2845.jpg

そ、魔女の塔です
無駄なこととはわかりつつ、頑張ってきたよ



初級・中級は普通にクリアできるので、上級のみね!
SSも加工しまくって無駄に凝ったものになってます

一回くらいクリアしてみるのも、いいと思うよ?


ということで追記にて。


ぽちっとしてくれるとありがたいでーす!
200-40.png
というわけで、攻略法。

魔女の塔で重要なのは、2階。
1度でもミスすると、即終了だからです
なので、何度も何度もやり直すことになる…

そのためにも、1階は余裕でノーミスクリアできるようになる必要があります
ということで、まずは1階の攻略法を。


画像の見方
赤ラインでルートを示しているが、曲線を描いているところはジャンプ必要、
直線の場合は矢印キー押しっぱなしでおk
バネには右補正(右側ジャンプ)や左補正があるが、
しっかり自分で矢印キーを押していないと足場に届かないこともある
青ラインは手裏剣コース

Maple2870-.jpg

※1
手裏剣のタイミングをみて、バネから上の足場に。
手裏剣にはしゃがめば当たらない
手裏剣をやりすごしたら、2つ目のバネから上の足場へ

※2
赤い棒は登らなくても大丈夫。そのままコンベアへ跳ぶ
コンベアから青い棒へは、2つ目の矢印の中間点あたりから跳ぶといい
青い棒を鍵の高さくらいまで登ってから、3つ目のバネへジャンプ。

※3
手裏剣が跳んでるので、焦らず急がずしっかりとかわしながら進む
4つ目のバネへジャンプして、上のコンベアへ。

※4
この段は常に←キーを押しておくこと。
まず2つ目のコンベアに着地したら、勢いが加わって3つ目のコンベアの左端へ吹っ飛ぶ
ここで、3つ目のコンベアの→補正で一瞬ブレーキがかかるので、
それを確認してから4つ目のコンベアへ
すると簡単に4つ目のコンベアに着地でき、そのまま押しっぱなしで足場へ届く

※5
手裏剣が2枚飛び交う
この手裏剣ライン上の足場ではしゃがんでいても当たるので注意
一枚ずつ一段ずつしっかり避けながら進むこと
一番上の足場から4つ目のバネへジャンプする際、バネの右側に跳ぶように注意すること
右補正が弱いので、左側からだと着地できずに落下する

※6
5つ目の、長いコンベアへ着地したら、焦らずに6つ目の短いコンベアへ
そのまま連続で7,8,9、青い棒へと適当にジャンプしていけばいいが、
いったん7つ目の左にある足場で休憩するのもよい
ここからは、失敗しても下まで落下することは滅多に無いので失敗しても焦らずに。

※7
バネ5連。
まず、最も重要なのが5つ目のバネ。
このバネには左端へ向かって跳ぶこと。
5,6,7,8,9のバネには左補正があるが、左端から跳ばないと次のバネに届かない
8までは←キー押しっぱなしで、空中で→キーで微調整して9つ目のバネへ

※8
コンベアの中ほどに着地するので、何も押さずにそのまま右へ流されていく
11番目のコンベアへジャンプし、空中で→キーを押す。
高速の左補正がかかっているので、
コンベアの右端までしっかり歩いてから12番目へ跳ばないと届かないので注意
12番目へジャンプしたらあとは→押しっぱなし。
高速右補正で勝手にバネに届く

※9
ばびゅーん
と上まで跳ぶので、あとは赤い棒を登ってゴールへ。
最後のバネ寸前で←キーを押せば、一気にゴールへ跳んでくれる


自分の最高記録は、残り時間12分42秒でした
平均12分38秒かな
慣れれば簡単です



ここからが本番。2階

Maple2871.jpg
横長です。クリックすると大きくなります

左から壁が迫ってくるが、そちらは気にしなくてよろしい。
気にしたところで落下して終わるだろうし、
落下しなくなれば気にする前にクリアできるからである

※10
まず、開始と同時に最初のコンベアへジャンプする
ここからしばらくノンストップ・ずっと→キー押しっぱなしで。
コンベアの勢いがあれば手裏剣気にせず一番下の足場まで突っ走れるので、まずはそこへ。
そのまま勢いでぴょんぴょんと登っていく。
2つ目の手裏剣があるところから、一旦ルートが分かれる

※11
2つ目の手裏剣は高速で上下しているが、タイミングよく接触ジャンプすると、
右のバネに着地でき、勢いで上のコンベアをすっ飛ばしその横の足場へ着地できる
このコースが一番楽で安全
なお、2階のコンベアは、バグなのかどうか、中間から補正がなくなるところがある
急にスピードアップしたりダウンしたりで混乱するので極力コンベアは避けていきたい

無事に上の足場に乗れればそのまま右の鍵まで。
勢いが足らず上のコンベアに乗った場合は、
恐らく補正はかかっていないので慎重に右へジャンプ。
中途半端な勢いだと、足場の間を抜けてしまい、下のコンベアか最悪落下してしまう

手裏剣を避けて、自分でバネへ向かう場合は注意が必要。
バネの左半分は機能していないので、超ギリギリから跳ばないといけない

下のルートから行く場合は、上記のコンベアの謎現象に注意していくこと

※12
2つ目のバネ。上ルートの場合は適当にジャンプすれば乗れる
下ルートの場合は…
下ルート2つ目のコンベアの、3つ目の←の<付近から補正がかわるのでそれに注意。
そのあたりから前にジャンプすると、
丁度コンベアの端あたりにいくのでそのまま連続ジャンプでバネへ。
ほんとに下ルートは大変。

※13
短いコンベアに着地したら、すぐに前ジャンプして下のコンベアへ。
上のコンベアは高速補正なので、そのままだと下コンベアの右側まで飛ばされ、焦って落ちる
下のコンベアは逆側高速補正なので、きちんと端までいってから足場へジャンプすること

※14
難関。普通にジャンプしても次の足場へ届かない
ゆっくりと上下している手裏剣にあたり、そのKBで次の足場へ乗らないといけない
まず、足場の左側ギリギリにたつ。垂直跳びして←キーを軽く押せば少しずつ動ける
左端に立ち、手裏剣が上から下に移動してきたら前にジャンプして接触!
と同時に、左キーを押す!
これで無事に着地できる

※15
上のコンベアへジャンプ、→キー押しっぱなしでバネへ吹っ飛ぶ
バネから次の足場へジャンプ、空中で微調整を。

※16
そのまま右へジャンプすると上のバネに乗ってしまい、足場の隙間から落下してしまうので、
一度左の足場へ戻り、そこからバネの左側へジャンプ。
手裏剣のタイミングをよく見ておくこと。
空中で微調整して着地したら、次のバネへ。左の手裏剣には当たらないので焦る必要はない
バネから足場へ着地したら、真上にジャンプ。
空中で→キー押しっぱなしで、次の足場に着地できる

※17
この足場間の距離はギリギリなので、落ち着いて、しっかりタイミングを。
地味に難関。

※18
最後!
超高速コンベア。→押しっぱなしだと何も出来ずに吹っ飛びそのまま落下するので注意
コンベアに着地後、ジャンプするなり←キーなりでコンベア上にとどまり、
手裏剣のタイミングなどを見計らう
補正全開でジャンプに成功すれば、右にあるコンベアに着地できる…はず
ジャンプするときは、コンベアの中間地点でジャンプするつもりで
適当にジャンプすれば一応足場には乗れるので、あとは心を落ち着けてゴールへ。


これで2段階クリア。

あとはいつものくまです


Maple2872.jpg
別窓 | 魔女塔で自己フォンデュ(旧 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
<<めいぷるで出来ることには何があるか | Once in a Blue MooN | スフィア神はご機嫌ナナメ>>
この記事のコメント
うおっ!

すごい加工だ・・・良くやったねえ!(`・ω・´)

魔女の塔って、一段階目しかクリアした事ないや・・・

なんか箒とやらを貰えるらしいけど、そんなに欲しくなかった上、忍耐が元々嫌いなのでほとんどやってませんでした・・・(´゚Д゚`)

ジャクム忍耐ですら三日かかるっていうのにもう!!
2010-03-29 Mon 22:35 | URL | 霧子(ぬこぷ) #Hy8gn382[ 内容変更] | top↑
13番のベルトコンベアにのって流れに身を任せてちょうどいいところでジャンプするとロープにつかまることができます。この説明じゃ全く分からないと思うけど・・・
乗る→キー入力なし→端っこに来る→ジャンプ→捕まる。
これで結構楽に行けますよー18のベルトコンベアでも出来ます。
2010-03-29 Mon 23:45 | URL | のばた #-[ 内容変更] | top↑
ぬこぷ
手取り足取り、エリニア以外ならじっくり特訓してさしあげますにょ?^-^

この加工に3時間かかったのは内緒です(´・ω・`)


のばたさん
なるほど、理解しました!
でももう修正するの面倒なので(マテ
コメント見た人へのご褒美ということにしておこうそうしよう!
2010-03-30 Tue 08:33 | URL | SyLviA #67Pp1llw[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| Once in a Blue MooN |