fc2ブログ

Wishes come true once in a blue moon.

だってそういうものさ
2009-12-10 Thu 15:00

じくーです

先日作成した、リバースペスカーズ。
嫁様のLvがあがって、MHのLvあげて。
ようやく装備できるようになりました
装備できるようになったら、強化だ強化!

Maple2255.jpg

盾やスフィアで女神の力を使い果たしたか、
4枚成功と中途半端な結果でしたが…

ま、いいさね。また作ればいいんだし。
材料集めはお任せあれ



さて、
たっちゃんこと龍日女が、神殿進むためのクエ手伝ってくれ、と妖精に要請。

妖精だけじゃあまり頼りにならんだろー、と、妖精さんには悪いけど思ったのでね
地下室で汗かくことをしるびあでしておりましたが、じくーへチェンジ。
龍日女はじくーにとって良い神殿狩りパートナーでもあるしね
すすんでボランティア!


思ったとおり、妖精さん遅刻ー。
しかもなんだかしょっちゅうハシゴつかまったままじーーっと…

なーんしてんの?
当然の問いであります。
返答は?

ごめん、ポケモンしてたw

おいてめ(`・ω・´)
いい歳して…とは言いませんが、さすがにそれはよくないよ妖精くん。


ついでにたっちゃんも移動用として聖魔キャラの起動とかで放置気味だし。
ボランティアの自分だけが黙々と狩るこの状況…

一体なんだこれはorz

結局、ほぼ放置のまま、用事があるらしく時間がきて抜ける妖精さん

最初のマップのクエが完了し、次のマップへ…
報告と移動のわずかな時間を利用し、昼飯のラーメンをつくるじくー!
準備に5分、食いながら狩り狩り!
この際行儀がどうとか言わないで下さい


しばらくして先日180Lvになったりんさん参戦!
これならのんびりラーメン食える、とグループ抜けて放置体勢をとるじくー!

しかしりんさんが一言。10秒で戻ってきて!
無茶いわんといてくださいよ…

ほんとに10秒で戻ってあげたけど…
残りはほとんどスープだけだったし…


せっかくすぐに戻ったのに、次はりんさんが昼食へ
人には10秒とかいいながら20分くらい経っても戻ってこない彼女。
その間に次マップへと移動するじくーと龍日女、聖魔龍日子。
で、ここでたっちゃんも昼飯…!

またしても一人で黙々と…

ここでようやくりんさんご帰還!
しかしたっちゃんがグループリーダー、放置なので誘えなーい

なので、
じく:湧かせるために上段お願いしますね~(狩ってくださいの意
りん:了解w

で、りんさん。ハシゴにつかまって上段に…
あれ、止まった
りん:この間に年賀状かいてくるねw(下危ないのでハシゴつかまっといてと理解?

違う!違うんだよりんさん、そうじゃないんだ!
多分理解してないと思ったけどやはり。ずばり。
まー、言い直すのもあれなので、結局一人黙々と…

うん、
不公平って言葉はこの日のじくーの状況から生まれたんだと思う

こうやって人の心って荒むんだね




ここまでで、ひそかにイライラが溜まってたんですが、
そこにINしてきたおっさんこと銀殲華。

割愛するが八つ当たりしてすまーん!許せ、いや許してください


久しぶりにバカなことしたねぇ、うん
アホなことなら年中やってますけどね

ハラキリと称して自殺してお詫びの気持ちを示しておきました

そんなこんなありながらも、たっちゃんクエ終了おめでとうお疲れ様




狩場放置はよくないんだよ。ほんとに。
ハッキリ言おう、邪魔だ



その後。
嫁様のところに遊びに行って狩り狩り、しばらくするとご飯~とのこと。

じく:放置していきな~吸わせておくよ


全然イライラしな~い☆むしろ心穏やか☆
いつも吸わせてます(ノ∀`)




不公平って言葉はこの日のじくーから生まれたんだと思う

関連記事

別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0
<<なーんしてんの | Once in a Blue MooN | レン君が可愛いのと同じ>>
この記事のコメント

こうしてじくsはドMの道を究めるんですなw

まぁイロリロあるけど
誰のためのクエなのか
じくsのためじゃない(間接的にはじくsのためだけど)

嘘も方便
しんどくなったら『急用ができた』と抜けましょう(笑)

楽しくないとね~ゲームなんだし

2009-12-10 Thu 15:49 | URL | けろ #V9YEQmjs [内容変更]

この際仮想現実でよかったと割り切ってしまえばいいだけの事。

現実でこれを仕事や宿題に見立てると悲惨だす。

2009-12-11 Fri 01:47 | URL | プリニー大尉 #- [内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL



| Once in a Blue MooN |