FC2ブログ
It was blue moon. She only came once in a blue moon. But she is here now. It is blue moon. Wishes come true once in a blue moon.
すいみんだいじ
2019-08-03 Sat 10:31
私です!

はよ更新しろ
昼休みの時間帯までに更新しろ

と言外の圧力をかけられたので重い腰をあげるのであります(そのような事実はありません)






Maple_190731_095821.jpg
▶ちょあ



レベル上がる瞬間、やりきった~の意味を込めて ちょあー って声が出るんです
意味はない…いや、やりきった~です。
ちょあ~


色々サイドストーリーしたりサブ育てたりもしてますとも。
してはいますが、エスフェラに到達し、ARCがぐっと伸びたことで火力もばびょーーんと伸びまして、
結果、混沌の精霊がほぼ一撃となり、そうなると楽しくならないわけがない…
ってわけでして、気が付いたら236でした。
あとこれです。



Maple_190731_005034.jpg
▶ありがとうイグニマン


7/1に使用を開始し、期限があと少し残ってたので、切れる前にもうちょっと狩りがんばろう…
そんなわけでした。その結果が236です。



Maple_190731_103026.jpg


メンテが重なったので1時間分損したんですけど、期限ギリギリメンテギリギリのところでのレベルアップとなりました。
がんばったよわたし!


これくらいならまだまだ頑張れます。
それくらい、過去のきのこのレベリングはしんどかったのだ…と、ここでもきのこの経験が前向きな生き方を支えてくれました。
ネトゲ頑張る生活が前向きかどうかはさておきですけど、やはりきのこは人生において有用なのですね。



なんですかその目は。






火力UPの恩恵として、わかりやすいところでは

Maple_190728_205503.jpg
▶60階到達

じわじわと登ってきております。
70まではどうにかがんばって、一日8個を目指したいところ…。
アルカナが追いつくかどうかギリギリのところです。がんばっていただきたい。



Maple_190729_174123.jpg
▶ついにベルルムのソロも達成

メイプル再開時の目標だった気もするので、めでたくメイプルストーリークリアなんですが、
さすがに終われないので255までおとなしく頑張ります。
火力的な問題っていうより、プレイング的な問題ではあるんですけどね、ベルルムは。
コア枠が一つ開放されて、ダークサイト強化できて落石耐性が高まったこととかの影響が高いです。
もうちょい楽に討伐できるといいなーってかーんじー




Maple_190729_234218.jpg
▶スウ一段階も突破できました

完全無敵時間中に下段をレーザー無視して飛び越えてしまう術を身に着けた結果、
大幅な安定を得ることができました。さすがに二段階はしんどかったんですけど、突破はできそうです。
三段階を倒しきるほどの火力はまだまだないようなので、しばらくは火力の向上に努めないとね。
次の目標はここをソロで倒すこと。がんばっていきましょう






ちゃんとこれまで放置してたことやってるアピールシリーズその1(シリーズ化するつもりはない)

Maple_190728_154410.jpg

新職には目もくれずジェット。
ここにきてこのタイミングでジェット。
バーニングで。

正直バーニングもったいなかったと思います。思ってた以上に狩り性能高くてびっくり。
火力も高くてびっくり。なんだこいつ。


せっかくなので新しいテーマダンジョンも彼女に潜ってもらいました。
マップ雰囲気もBGMもGood!
最序盤にみせたホラーな感じは一瞬でなりを潜め、終始ギャグの良いストーリーでしたけど、
低レベルキャラに、今後訪れる無条件おつかい頼まれ地獄の片鱗を垣間見せるあたり、やはりホラーではあるのだとおもいました


Maple_190728_162844.jpg

ちゃんとドット絵にもクマが表現されてて哀しみと哀れみを感じますけど可愛いのでokです
未プレイならとっとと遊ぶことをお勧めします



そんなかんじで。
関連記事
200-40.png
別窓 | 斬りまくる青い子 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<夏コミでみつけたメイプル本 | Once in a Blue MooN | SyLviA is 235Lv>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| Once in a Blue MooN |