fc2ブログ
It was blue moon. She only came once in a blue moon. But she is here now. It is blue moon. Wishes come true once in a blue moon.
[!]ヒトの体内でブリザード撃つの禁止
2013-11-23 Sat 10:22
M389.jpg

マステリア大陸のヴェラッドクエストが解禁されましたねそういえば!
すっかり放置しちゃってました。ヒルラおばさん倒してからそのまんま。

現在必死こいて続きのクエスト消化中です。早く巨人に挑みたーい






その前にもう一人の巨人から。
こっちはクリアしたけど放置してました|ω・`)

M378.jpg

タタモ「でっかい岩が動き出したんだ!様子みてきて!」
と、相変わらず冒険者を使い走りにしか思ってない村長さんですが、
どこにも文句言えないので今回もまた走り回ることになるのです。
7年やってりゃわかります

ということで新たに追加されたマップへレッツゴー!


M379.jpg

新エリアに登場するハチやらカマキリやらがガンガン毒ぶち込んでくるからでしょうか。
万病治療薬を売り出してるNPCがいます。
アルケスタ様以外では初めてじゃないかな?お値段なんとびっくり約20倍!
どうせ毒にしかならないので毒消しを安く売ってくれてりゃ十分なのにね(´-ω-`)

薬を買って準備はオッケー。
あとは言われるがまま周辺のモンスターを経験値稼ぎという免罪符のもと大虐殺開始です
残酷なのでSSはなし(撮り忘れたのは当然秘密)

あらかた片付いたら次は山の上へ登っていこう、という話になったんだけど…

M380.jpg

このミニゲーム難しすぎじゃないですか。ギリギリなんですけど。
タイミングひどすぎ(´・ω・`)
1時間くらい挑戦してやっとクリアできました
皆もっと簡単にいけたのかな?

この後もハチシューティングあったし。
こっちはまだマシだったけどとにかくミニゲームが鬼畜。
大量のモンスターを倒しまくって十分疲れてるところに、
より集中しないといけないモンぶち込んでくるとはさすがです


M381.jpg

やっと巨人さんの前まで来れた時は思わず大きなため息が…ふぅーー
さてこの巨人さん、どんなもんかと話を聞いてみると「良い巨人」のようです。
気は優しくて力持ち、みたいな。↑のSSだけ見ると超凶暴だけど。
守ってあげたくなっちゃうタイプ。いいね、可愛い

何やら、身体の中から黒いものに犯されているとのこと。
優しいゴーレムを凶暴化させて大暴れさせようという悪者の魂胆が見え見えです


M382.jpg

マグナスに斬られてからはたまに名前が出てくる程度だったグワル様。
今回、初めてマトモに登場し、冒険者にアプローチしてきます。
で、こんなデカい巨人が生まれた訳とか説明してくれました
精霊達の防衛本能みたいなもんなんですって。


とにかく、早いとこ悪さをしてる穢れた精霊達を浄化しないと…
ってことでやっぱりここでも走りまわされる羽目に。
大精霊様のお力でどうにかできないんですかねぇ…あなたの管理責任問題ですよこれ

M383.jpg

とりあえず表層の小さきカミガミを浄化しつくして、巨人さんのところへ戻ってみると…
あれ、悪化してないですかこれ。

やっぱり内部を浄化してまわらんといけないようです
身体の中に異物を入れるなんて…大変な話です。巨人さんお邪魔します

M384.jpg

いましたいました、穢れたカミさま。悪い顔してます
浄化の名のもと、巨人さんの幻想的な体内で遠慮なく究極魔法を発動させちゃう!
良い子はマネしないようにしましょう


M385.jpg

最深部に到着。
ボスはクモですか。悪い顔してます

結構固いけどここでもブリザードぶっぱなしながらサクっと倒して、
ようやく巨人さんに平穏が!

M386.jpg

ブリザードが一番ダメージ与えてそうな気がするけどそれは彼には秘密にしておきましょう

M387.jpg

うん。やっぱり良いヒトです。
なおさら体内で大暴れしちゃったことは秘密にせねばなるまい
友情の中にも秘密にしておくべきことだってあるんだよ。ね?



M388.jpg

魔族がここ最近活発に動いてるようですが、さてどうなるんでしょう
ひとまず解決したので次はヴェラッドへ!

おつかれさまでした。
関連記事
200-40.png
別窓 | 旅する紫 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<燃える森 | Once in a Blue MooN | 私はどっちも!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| Once in a Blue MooN |