It was blue moon. She only came once in a blue moon. But she is here now. It is blue moon. Wishes come true once in a blue moon.
スタイリッシュハント
2015-05-15 Fri 13:46
Maple150515_203409.jpg
                                       狩りさえもスタイリッシュに



忘れられた時間の道4。

amps814a20150515.jpg

マップ構造が複雑なルディブリアムの中でも屈指のごちゃごちゃマップの一つ。
ブレイブパイレーツの人気のせいで今や本当にプレイヤーに忘れられてそう。

amps815a20150515.jpg

しかしここは私の好きなマップの一つ。
雰囲気良し、BGM良し、ごちゃごちゃ具合がたまらない。
クリティアスから解放されたしるびーの足が自然と赴いたのも必然。

というわけで狩ろう。
どのように狩ろう?
スタイリッシュに狩ろう。




amps816a20150515.jpgとかamps817a20150515.jpgとか
コレのせいでさらにヌルゲー化が進む昨今のメイプル。
おかげでスタイリッシュムーブに適したマップがないんだよねええ

愚痴る。ぐちぐち。




てなわけで、少し趣向を変えましてスタイリッシュな狩りを目指します。

ここでは
・とにかく素早く移動していく
・マップ内全ての段を無駄なく廻る
この二つの両立を目指します。


今回スタイリッシュにハンティングしてもらうのはお馴染みしるびあ。

amps818a20150515.jpg
▶150武具とウィングマスター帽子のエンブレムデザイン、そして羽が良い具合にマッチ

DBは本当にこういうことに向いてると思います。
狩りが超楽しい。

使用スキル
ファントムブロー:
 対単体。移動を伴わないので使用機会は低。狩り漏らしに。

ブレイドフューリー:
 対複数。移動を伴わないが左右に範囲が広く、フラッシュジャンプで集団に突っ込んだ後の殲滅に。

ブレイドアセンション:
 スタイリッシュ企画の華であり肝。数少ない優秀な上移動スキルでありながら、フラッシュジャンプと組み合わせると脅威の横移動が可能。素早く移動しながら攻撃できる。ただしコントロールが難しいため他の移動攻撃スキルとは選択。

フライングアサルター:
 下斜め前方へ突進しつつ攻撃。空中からでないと発動できない。落下から勢い良く攻撃に転じたり、進行方向を変えたりするために使う。

ブラッディストーム:
 前方へ中距離突進しつつ攻撃。モンスターがいなければ発動しない。歩くよりは早く、フラッシュジャンプよりは遅い。位置の調整やフライングアサルター後のコンボで使用。

トルネードスピン:
 前方へ中距離突進しつつ攻撃。モンスターがいなくても発動する。ブラッディストームとは好みだが、基本的にはこちらのほうが優秀。威力が低く、攻撃力が低いと狩り漏らしやすいのが難点。

ファイナルスラッシュ:
 前方へ中距離突進しつつ攻撃。一瞬タメが必要だがストーム・スピンと比べ移動は最速。ただしモンスターがいないと発動できない。

阿修羅:
 阿修羅モードになり、モンスターに接触するだけでダメージを与える。行動が制限されるため使いにくい。

フラッシュジャンプ:
 おなじみ連続ジャンプ。DBは2回発動可能。各スキルと組み合わせ、移動しながら狩っていく。ジャンプキー連打で発動できるが、敢えてキーに設置して同時に押すことで低空フラッシュジャンプの発動が可能。使えると何かと便利。




さて、まずはルートを確立。

amps819a20150515.jpg
▶DB専用ルート。赤が通常ルート、黄色は特殊ルート

今回このようにルートを設定。モンスター出現地は網羅出来ています。
それでは今回も動画なんてないので、SSで順番に説明していきましょう




スタートは最上段から!



amps820a20150515.jpg
▶1 のあたり

まずは画面右側にある、青い物体の位置まで移動。
通常のスタイリッシュムーブとは違い、モンスターを殲滅する必要があるので、
フラッシュジャンプだけでぴょんぴょん進んでいくのではなく、
各スキルを駆使して次の行動に合わせた最適な位置まで、調節しながら進んでいきます


amps821a20150515.jpg
▶1番目のポイント

黄色い線の範囲内に着地するよう調整。
ここから下段に降りるのですが、下ジャンプは非スタイリッシュなので使用不可です。
そのため次の手順で下段へ降ります。


amps822a20150515.jpg
amps823a20150515.jpg
▶2番目のポイント

前方へフラッシュジャンプし、すぐさま逆方向へ連続ジャンプ。
最後にフライングアサルターでイナズマ移動を決めつつモンスターを狩ります。
うーんスタイリッシュ

途中にある赤い足場に着地してしまったり、
フライングアサルターを発動させる前に下の足場に着地したり、
逆に早すぎてモンスターを巻き込めなかったりと、
高難度なエリアですが、決まったときの爽快感は計り知れません


amps824a20150515.jpg
▶決まったからといって安心している暇などない

すかさずブラッディストーム等で前進しつつモンスターを狩ります。
そのままマップ右端へ。


amps825a20150515.jpg
▶3番目のポイント

隙間があるので、そこへめがけて勢いよく突っ込みます
この時注意するのが、フラッシュジャンプは1回まで、もしくは使わないということ。
1回はフラッシュジャンプが使える状態で落ちていきます

amps826a20150515.jpg
▶画面から外れてしまうので発動タイミングは慣れるしかない

画面右端へ勢いよく突っ込んだ状態で落下すると、途中の足場の隙間をすり抜けて
最下段まで落ちていけるのですがここでは途中で向きを変えます
フラッシュジャンプして前方へ勢いをつけ、足場に着地した瞬間にブレイドアセンション。
流れるようにモンスターの湧く足場へ移動が可能です


amps827a20150515.jpg
▶4番目のポイント。地形的にスピードを出しにくい。

着地した段の残党を処理したら、梯子と赤いブロックの隙間を通り抜けます
フラッシュジャンプで通り抜けるのはなかなか難しく、地味に時間がかかるポイント。


amps828a20150515.jpg
▶ここでもフライングアサルター

左側にモンスターが残ってしまいますが、戻ってくるので今は無視して構いません。


amps829a20150515.jpg
▶5番目のポイント

アサルター後、モンスターの殲滅しつつ右側の隙間へ向かい下段へ
ここでは下手にフラッシュジャンプをすると赤い足場に乗ってしまうので注意。
ベストを求めるなら低空フラッシュジャンプ→ブレイドアセンション。
これで殲滅から落下までスムーズに進みます


amps830a20150515.jpg
▶6番目のポイント

落下中にフライングアサルターで左へ。ここも画面外になるので慣れが必要。

amps831a20150515.jpg
▶7番目のポイント

ポイントという程でもないけど、長い直線のためここで手間取るとかなり時間を食います
ブラッディストームもトルネードスピンも連続は使いにくいため、
・阿修羅を発動してフラッシュジャンプで突進するか(左端へついたら右クリ解除)、
・フラッシュジャンプ→ブレイドアセンションを繰り返して突進するか
のどちらかがよろしい。左端まで前進前進。


amps832a20150515.jpg

アセンションでは上の足場に届かないのでロープを使用。
もちろん途中まではアセンション等で距離を稼ぎます。

amps833a20150515.jpg
▶8番目のポイント

このロープは上まで登りきり、即座に右上へアセンション。
登り切ってしまったほうが確実に着地ができます。


amps834a20150515.jpg
▶9番目のポイント

着地後は即座にトルネードスピンorブラッディストーム。
フラッシュジャンプでは階段上のブロックに阻まれてしまうので、
突進移動ですり抜けます


amps836a20150515.jpg
▶10番目のポイント

この先は先ほどフライングアサルターを発動して無視した段の左側であり、
複数のモンスターが残っている場合が多いので
フラッシュジャンプ→アセンションで移動しながら処理。
新しく湧いたモンスターが前方に残りますが次の周に任せ、ロープへ戻り登っていきます


amps835a20150515.jpg

もし前方にモンスターがいなければ、その場でアセンションしてブロックに登り、
フラッシュジャンプで前方のロープへ。


amps837a20150515.jpg

ロープを登って行き、左側へジャンプしつつ右を向いてアセンションして上段へ。
左向きアセンションだと右側にモンスターが残り、余計な手間がかかります


amps838a20150515.jpg
▶着地後はすかさず左側を殲滅

突進攻撃が距離的にベスト。
処理できたらロープを登ります。


amps839a20150515.jpg
▶もう一度繰り返し

今度は素直に右ジャンプ、右アセンション。
着地後即座に左へトルネードスピン。
アセンションで全滅してるかもしれないのでブラッディストームより安定です


amps840a20150515.jpg
▶11番目のポイント

赤い足場へ向かってアセンション。
ギリギリというわけではないけれど、油断すると着地できずに下まで真っ逆さま。


amps841a20150515.jpg

もう一度アセンションすると、スタートの段へ戻ります。


amps842a20150515.jpg
▶上に登りたくない場合…

右の足場へ向かってフラッシュジャンプアセンション。
2回発動出来れば上段全てを範囲内に収められます。
着地点は最初のフライングアサルターのあたり。




というわけで、ルートの説明は以上。
デュアルブレイドのスキルをこれでもかと駆使して上下左右に駆けまわり、一周35秒です。
本当に止まらない。流れるように動き回れます。ノーミスの時の爽快感ったらもう。


…実は30秒で廻るルートをみつけてしまいましたが、
今回は紹介しないでおきましょう。
現在25秒を目標に頑張っているところです


というわけで今回のスタイリッシュは終了。
ぜひとも動画を用意したかったのですが手が伸びず、
充分に魅力をお伝えできませんが、狩りが楽しい狩場であることは間違いありません。
ぜひ、たまには足を運んでみてください。ついでにビシャス倒してください。
200-40.png
別窓 | スタイリッシュムーブ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
広がれスタイリッシュムーブ!
2014-08-11 Mon 20:23
スタイリッシュムーブが動画になりました。

といっても私が作った動画ではありません。




私の発案企画「スタイリッシュムーブ」にインスパイアされた方が、
スタイリッシュさならゼノンだって負けてませんよ!!
と、前回辿った”リプレ-未来ペリオン”コースをゼノン流ムーブし、
さらにそのルートをまとめてくれています。

les folies d'erable
でくれしぇす様

解説が丁寧です。画像の編集も綺麗で見やすい。
手書きでささーーっと線引いただけの私のより、何倍も素敵。
スタイリッシュさに溢れています。

何より素晴らしいのは動画があること

一度見てみてください。シビれます。
やってることはただの移動なのに…。



実は、”後続”が現れることを願ってたんですが、まさか一瞬で越えられるとは。

わざと雑にすれば
「私の方がうまくできる!」と、乗ってくれる人がいるかなと思ってましたが
実際ハイクオリティなスタイリッシュムーブを見てしまうと…
やる気がもりもり湧いてきました。他の方もそうだと思います。そう感じました。

これはもう、次回からは手を抜けませんねぇ…。



動画を貼るか貼るまいか悩みましたが、やめておくことにしました。
貼ったほうがきっと多くの人に見てもらえるだろうけど、
手柄の横取りになっちゃうし動画で満足してリンク先踏んでくれなくなるかも…
いや、動画をみたら興味が湧いてリンク踏んでくれるか…?
うーーん。悩む。

今はやめときます。見て損はないので是非ご覧くださいますよう。
1分30秒ほどお時間借りるだけです



最後に一言。







ダイアグナルチェイスはずるい
200-40.png
別窓 | スタイリッシュムーブ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
続、リプレ-未来ペリオンスタイリッシュムーブ
2014-08-09 Sat 01:27
Maple140808_111818 - コピー


                                          移動さえもスタイリッシュに



スタイリッシュムーブ。
リプレ-未来ペリオンルートの続きです

移動を楽しみ、狩り場へ赴き、なんやかんやがあって彼女とプロテクトシールドを手に入れよう
という良く分からない意図が詰まったこの企画。詳しくは前回記事を参照。

書いてる方はすっごい楽しいので別に細かいことはいいです。


※移動速度160、ジャンプ力123
フラッシュジャンプ(FJ)、連続フラッシュジャンプ(WFJ)、ブレイドアセンション(BA)
トルネードスピン(TS)、ファイナルスラッシュ(FS)




SMverR-P20.jpg
いよいよ時間の神殿に到着。喜びを噛み締めながらWFJ。

SMverR-P21.jpg
着地後、さらにもう一度FJし、そこからBA。
階段の2段目に着地できればバッチリです。

SMverR-P22.jpg
その勢いのままジャンプBA。
階段ギリギリの位置ですが落下を恐れず→キー入れながらBAするのがポイント。

SMverR-P23.jpg
すると丁度上から3段目に着地します。
ここではジャンプせずBA。余計な滞空時間を省くことができます。

これでびっくりするくらい素早く階段を上がれます。



SMverR-P24.jpg
次は扉前…ですが、ここは詳細を省きます。
何故ならFJBAx2でぴったりポータルだから。




SMverR-P25.jpg
未来の扉。ここもあまり書くことはありません。
FJは一回だけで止めておくこと。
一回目は真っ直ぐ進んでくれますが2回目はぐーんと上に上がっちゃいます。



SMverR-P26.jpg
未来ヘネシスは前回記事で書いたようにスルー。



SMverR-P27.jpg
さぁ、ぬるいマップが続いてましたがここからスパートです。
まずは未来スライムから!!

ルートに関しては上記。紫はFS使用時のモノです。スライムが湧いてたら積極的に使うべし。

SMverR-P28.jpg
右からではなく左から上がっていくのは、下からだとBAが届かないから。
左の足場からならFJBAで届くのです。

SMverR-P29.jpg
このように進んでいきます。
ギリギリ届く高さなのでしっかりとジャンプの頂点でBAするのがポイントです。

SMverR-P30.jpg
最初の足場に着地したら、そのまま次に進む前に少し右へ移動。

そうしないと…

SMverR-P31.jpg
落ちます。

SMverR-P32.jpg
着地後はすかさずFSを。これだけの距離を一瞬で移動できます。
基本的にはメル袋が落ちてるあたりに着地できますが、
上記の右移動をしてないと左の足場に着地することになります。
紫ルートだとFS使うときにスライムが足場の端っこにいてないと発動してくれない、
その程度の違いです。

スライムがいない場合は素直にWFJします。

SMverR-P33.jpg
どのルートでもタちゃんとFJBAが出来ればポータルまでたどり着きますが、
ベストは青ルート。魅せの点でもポータルぴったりを狙う点でも。



SMverR-P34.jpg
未来ピグ。

ここまでに比べるとかなり簡単なマップです。

SMverR-P35.jpg
まずはFJでロープへ。

SMverR-P36.jpg
すかさずBAで足場へ。

SMverR-P37.jpg
左の少し高い足場へ向かいます。
その場ジャンプからのFJ。左へ勢いをつけると飛びすぎるためです。
さらに空中で右向きになり、追加で余計な勢いを削ぎます。

SMverR-P38.jpg
あとはジャンプBAで上まで。ロープなんてなかった。

手を抜いた解説にみえるかな?
そうじゃないんです。簡単だから解説する必要ないくらいなんです。
さぁ、次が最後だよ!



SMverR-P39.jpg
破壊されたポートロード!
船着き場のように上下左右に広く、足場も狭い高難度マップ!
しかしBAの高さとか色々ぴったりで、企画にはぴったりの良マップ!
ほとんど空中を進みます。

SMverR-P40.jpg
まずはFJBA。高さと距離共にシビアです。

SMverR-P41.jpg
ここもFJBA!
地面と違い、空中の足場から足場へ渡っていくので緊張感が高まります。
梯子に掴まりそこからスムーズにBAするとなると、さらにシビアなタイミングが要求されます。

SMverR-P42.jpg
梯子に掴まったら次は右端の足場へ飛ぶんですが、
梯子の赤線ラインからBAすれば辿り着けます。
ジャンプしてからではなくジャンプと同時にBAするくらいで発動しないと遅い!

SMverR-P43.jpg
えい

SMverR-P44.jpg
ここでも真上ジャンプFJし、勢いそのままで着地後再ジャンプBA。

SMverR-P45.jpg
勢いがついてることで次の足場に登れます。
右向けたらカッコイイ。

SMverR-P46.jpg
最後にジャンプBAでフィニッシュ♪

夕暮れが綺麗です





以上で今回のスタイリッシュムーブは終わりです。
やっぱり登るのは難しい。でも楽しい!
ちなみにルート確立後、結構な回数試してみました。
ちゃんとノーミスでこのルートを回ることは可能です。試行回数は秘密。

DBの視点での記事ですが、是非自分の職業ならではのスタイリッシュムーブを見出してください
自分から楽しいこと見つけていきましょう!
さぁみんな、狩りにいこうぜー!
200-40.png
別窓 | スタイリッシュムーブ | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
リプレから未来ペリへの移動をスタイリッシュに
2014-08-08 Fri 14:27
SMverR-P16.jpg

                                      移動さえもスタイリッシュに






スタイリッシュムーブ第二弾でございます。
意味なんてないのでございます。自己満足でございます。

…なんて書いてると時間かけて頑張った意味がなくなりそう。
企画意図なんて後からついてくる、と倫敦心雨語を手掛ける有名なプロデューサーさんが言ってました。
ので、後付けサクサクですが当企画を行うメリットを挙げてみましょう


○移動が楽しくなる








これしか浮かばなかったよ


※スタイリッシュムーブとは?





いやまぁ、しかしです。

1.移動が楽しくなる
2.移動してたらいつの間にか狩場だ
3.しゃーねー狩るか
4.エリートボスが湧いたぞ!皆集まれー!友達の友達も呼べ呼べー!
5.あっ、君どこから来たの?(運命の出会い)
6.こうして彼女とプロテクトシールドをGETできました


…すごく有意義に見えない?見えるでしょう?


きっかけづくりにはなるよね。きっと。

というわけで、スタイリッシュムーブとはきっかけづくりです。
彼女作ろうぜ





さてでは本題。
前回は リプレ・ワイバーンの峡谷をスタイリッシュに降りていきました。
その後、どこかいい場所はないものかと模索していたんですが…
ヴェラッドはやはり面倒(主に迷路が)だし、
十字旅団関係はクロスホークに完全に食われてしまいました。

ワープがある時点でその場所への歩いていくのはスタイリッシュではない。
ワープ使えるなら使うのがスタイリッシュです。
なので、

・その場所へ赴く頻度が高い
・その場所へのワープ手段がない(テレポストーン系除く)

以上がスタイリッシュルート決めのポイントになります。
それを踏まえたうえで今回選んだのが リプレ-未来ペリオン を繋ぐルート。
狩りの有用性が高まったことで未来ペリオンで狩る人が増えた印象があります。
ならばやるしかない!



対象となるマップは以下の通り。
リプレ(街)チケット売り場船着き場ドラゴン(リプレ側)ドラゴン(神殿側)
神殿入口扉前未来の扉内部⇒未来ヘネシス⇒未来スライム未来ピグ
破壊ポートロード⇒未来ペリオン入口⇒未来ペリオン

赤字のとこのみ。未来ヘネは何もなさすぎてつまんなくて、未来ペリ入口は帰還書でok。
数が多いので2部作にしてお送りしたいと思います。

ちなみに前回はダブルフラッシュジャンプができる職業限定のルート取りでしたが
今回は完全にDB専用のルート取りです。余計に無用な企画になってます。
ただまぁ、上に登るという点ではDBより優秀な職業はたくさんあるし、
その他の点でも参考にできるであろう情報もいれてるつもりなので、是非ご活用ください。


移動速度160,ジャンプ力123の状態で挑戦。
フラッシュジャンプ(FJ)、連続フラッシュジャンプ(WFJ)、ブレイドアセンション(BA)
トルネードスピン(TS)、ファイナルスラッシュ(FS)


SMverR-P1.jpg
スタートはタタモの足元から。さぁ、今回もスタイリッシュにムーブしようぜ!

SMverR-P2.jpg
ヒゲに向かってジャンプし、そこから↑の足場へBAで登る。
さらにもう一段上へもBA。ここで躓いてちゃこれからやっていけません。

前回と大きく違うのは、今回は登りがメインであること。
ワイバーンの峡谷では重力に任せて狭いマップを落下していくのがほとんどでしたが、
今回は広いマップを様々なスキルを駆使して移動し、登っていきます。
前回は一度も使わなかったBA(上方へ飛び上がりながら攻撃する)が重要になります。
ロープをちんたら登るのは最悪にスタイリッシュじゃないと私は考えるので、
BAで登れるところはBAする。それがスタイリッシュの第一歩。
このリプレマップは右端にもながーいロープがあるんですがそういう理由でスルーします

SMverR-P3.jpg
上に着いたらすかさずTSを繰り出します。
何故FJしないかというと、黄色の線や○に引っかかってしまうリスクが高いからです。
それに複数のスキルを使う方が見ているほうは「おぉっ」と思ってくれるはず。
リスク回避かつスタイリッシュポイントを稼げる良手です。

SMverR-P4.jpg
丁度マックスの前で止まるので、その勢いでFJします。
1回で止め、落下しだした時にBAで再上昇しつつ距離を稼ぎ、足場へ。
FJ⇒BAはWFJより自由が効かなくなるものの、飛距離が延びるので使い分けが重要です

SMverR-P5.jpg
この足場に乗ることで、移動に失敗しこの先の穴に落ちるリスクを減らすことができます。
高さを維持できるので、勢いよく飛び出してFJ⇒BA⇒TSで見事ポータル直上。



SMverR-P6.jpg
次はチケット売り場。
広くない平坦マップですがただFJするだけではポータルぴったりとは行きません。

SMverR-P7.jpg
まずはFJ。ちょっと画像の色分け間違えてますが気にしないでください。

SMverR-P8.jpg
続けてBA。○の辺りに着地します。

SMverR-P9.jpg
そこからもう一度FJ。
最初からWFJしてるとアーヴィンのところの足場に引っかかり、スタイリッシュじゃありません。

ここはそれだけのマップ。



SMverR-P10.jpg
最初の難関となる船着き場。
広く高く、ついでに足場は狭いというひどいマップ。

神殿へ向かう皆さんはここで苦労してるんじゃないですか?
最初の梯子にうまく掴まれなかったり、途中で落ちたり。

SMverR-P11.jpg
WFJ。木の根本に着地しますが、タイミングによって
・丁度木の真下(赤)
・少し木を通り過ぎる(黄)
の2パターンが考えられます。ジャンプにミスるとかいう可能性は無視。
この時の着地場所によって少し行動が異なってきます。

SMverR-P12.jpg
どちらも次の行動はWFJなんですが、
赤の場合は FJ…FJ と、少しだけ時間を空けます。
こうすることで切り株の根本の下へ滑り込むことができます。
黄の場合は連続で FJFJ とすることで、根の上に着地できます。

SMverR-P13.jpg
赤ルートなら、その勢いを維持してジャンプBA。
ややシビアではあるものの、見事に梯子に掴まることができます。
黄ルートの場合、ジャンプをせずにBA。
ギリギリ梯子の下端に掴まることができます。ジャンプするとBAの硬直で梯子を通り過ぎます。
注意してほしいのは橙ルート。根本のナナメになってる部分に着地すると、
勢いが削がれ真上ジャンプに近くなり、梯子に届きません。

赤ルートを進むことができるならそれがいい。最初のWFJは控えめ気味にするのがポイントです。

SMverR-P14.jpg
梯子に掴まったら、BAしたくなるのをぐっと堪えてそのまま登ります。
足場が狭いせいで、ここでBAしてもどこにも着地できないのです。
大人しく足場に到着したらジャンプBAで右上へ。

SMverR-P15.jpg
上手く着地できたら、少し左へ歩いてからジャンプBAします。
その場所でしても梯子には掴まれますが橙ルートのように梯子下端になります。

あとは上まで登ってドラゴンにしてもらいましょう。



SMverR-P16.jpg
ドラゴン(リプレ側)は何も考えず、→キーとジャンプボタンをおしっぱなしでok。
↑は押さないこと。画面から消えてもそのままで。
ジャンプしながら⇒残り時間14:47
まっすぐ進む⇒残り時間14:43
4秒違います。

SMverR-P18.jpg
ドラゴン(神殿側)はドラゴンマップでのポイントになります。

素早く進むには直進よりジャンプしながらのほうがいいんですが、
前マップと違いここではポータルに入らなければいけないので、上がった分降りないといけない。

SMverR-P19.jpg
ポータル前には看板があります。これが邪魔。
乗れちゃう仕様なので降りるタイミングが早いと引っかかります。
ビビってタイミングが遅れるとポータルを通り過ぎ、
早すぎて足場に着地し接地状態になると、移動速度が下がりタイムロス。

これを解決するためには、
入場と同時にジャンプしながら進んでいき、14:49になったと同時に下降を開始。
そうすると吸い込まれるようにポータル直上に着地できます。



長くなりました。どうでしょう、やってみたくなりましたか?

今回はここで終わります。続きは次回!
200-40.png
別窓 | スタイリッシュムーブ | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
続スタイリッシュムーブ
2014-07-14 Mon 21:00
今日と明日は控えめ更新。
控えめでも更新しようって思えるあたり、モチベーションが高い証。

思いのほか前回の記事が好評でした。とっても嬉しい。
あぁいうくだらない記事を喜んでくれる人がいる限り、まだメイプルは終わってないよきっと。

ということで”スタイリッシュムーブ”カテゴリを追加。
今後も記事を増やしていこうと思います

Maple1099.jpg

一緒にくだらないことに付き合ってくれる仲間が多いと本当に捗ります
キリマイさんやがくネスみたいに頭良くないので一人じゃ限界だ。

Maple1096.jpg

Maple1097.jpg

そんな大切な仲間をネタにして遊ぶ私。

Maple1098.jpg

一文字だけ加工してます。それ以外は本人の発言です




Maple1100.jpg

スピードはスタイリッシュを求めた後からついてくるもの。
タイムアタックとは言ってますが、あくまでスタイリッシュにいきます。

Maple1101.jpg

うん。いいね、スタイリッシュムーブ。響きがいい。
この記事を書いてるだけでも候補地がいくつか上がってきて、
はやく検証したい気持ちでいっぱい。

…こうして調子に乗ってると大した記事が書けなくなる私のジンクスはこの際無視。



どこか、ここやってほしい!ってところあります?
200-40.png
別窓 | スタイリッシュムーブ | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
移動さえもスタイリッシュに
2014-07-13 Sun 09:15
「たまごーレム狩場まで移動するのって結構面倒なんだよね~」
という想いから着想しました今回の記事。
イベントでほぼ毎回お世話になる危険な龍の巣までの移動を楽しむことができれば、
「移動が面倒」という理由で今日もだらだらする私みたいな人もさ、
ちゃんとイベントをこなせるんじゃないかと。そう思いまして。

と、いうわけで。
龍の森を抜けた先、龍の峡谷~龍の巣の入り口間の移動指南をしてみようと思います。

Q.何故そんなに限定的?
A.龍の森はただの直線だからネタにできない。
左右から足場が突き出し降り難いマップをスムーズに降りることでスタイリッシュさを醸し出します。

Q.意味あるの、これ?
A.もちろんないですとも!!!
正直下ジャンプ活用してったほうが無難。


でも、ちょっとでも意識すればきっとメイプルは楽しくなる。
そう信じて。




※注意点
・ただの自己満足記事
・機動力MAXかつフラッシュジャンプ2回できる職専用。盗賊とかABとか
・可能か限り落下していくことを目標とし、下ジャンプや歩行は極力使わない方針
・7割は普段から私が使ってるルート、3割は今回のために模索




Maple1079.jpg

マップの見方…
赤:おおよそのルート   黄:フラッシュジャンプポイント


龍の峡谷…龍の森を抜け、雰囲気が一変。
高レベル帯であることを意識させられる迫力のあるBGMで昔はお世話になりました。
スタイリッシュムーブ(今思いついた)する上でまず最初の関門である難マップです。
それでは解説を始めていきましょう。

Maple1080.jpg

まずポータルを潜ったらいきなり下ジャンプです。
初っ端から下ジャンプしちゃうあたり間抜けですが許してください

ここでプライドを捨てることでスピーディにロープに掴まることができます。
ロープを降り、黄丸の植物のあたりから戦いが始まります。

Maple1081.jpg

すると足場の間を通り抜けるので、2回目のフラッシュジャンプに備えます。
赤丸のあたり。ロープに身体が触れそうになったタイミングで。
すると、赤ワイバーンがいる足場をギリギリかすめて着地できます。
ここはどう頑張っても着地して少し歩かないと下に降りれなかったので我慢。
←キーを押しっぱにしておくことでスムーズに次の動作に移ります

Maple1083.jpg

左側の隙間から落下したら、右を向いて一息いれたあとフラッシュジャンプ。
早すぎると青ワイバーンのいる足場に着地してしまいます。
無事間を通り抜けられたならすかさず再度フラッシュジャンプを決め、ポータルに着地。

おさらい
・下ジャンプ⇒ロープ下り⇒右ジャンプフラッシュジャンプ左押し⇒フラッシュジャンプ
⇒少し歩いて⇒落下しながら右向き⇒…⇒フラッシュジャンプフラッシュジャンプ

Maple1084.jpg

峡谷の分かれ道…赤ワイバーンと青ワイバーン、それぞれの棲家への分かれ道。
今回は余計な動作を省くため↑のポータルへ向かいます。比較的簡単。

Maple1085.jpg

ポータルを潜ったら、その場でジャンプ+フラッシュジャンプ。キーは↓押しっぱ。
前ジャンプしたり高い位置でフラッシュジャンプするとポータルを飛び越えますが、
その場でぽぽんと飛べば丁度ロープ上に着地できるので、そのまま下に降り始められます。
少し降りたらすぐに左へジャンプ。勢いよく。

Maple1086.jpg

もちろん空中で右を向いておき、採集オブジェもしくはワイバーンの姿が見えたら1回目のFJ。
そしてすぐに2回目のフラッシュジャンプ。
これで丁度ポータル。
落下速度が早く画面スクロールが間に合わないのでなかなか厳しいですが、ここは慣れ。

おさらい
ジャンプフラッシュジャンプ下押し⇒少し降りて左ジャンプ右押し
⇒フラッシュジャンプフラッシュジャンプ

Maple1087.jpg

峡谷の東道…ブルーワイバーンの狩場へつながってますがそちらはスルー。
移動距離は短いものの高難易度。その分キマると気持ちイイ!

Maple1088.jpg

崖元にロープがあるという問題を少し飛び越えることで解決します

前方へジャンプし、その勢いのままフラッシュジャンプしつつ左向きに。
黄色ラインの交差点付近で2回目のフラッシュジャンプ。キーは↓押しっぱ。
かなりタイミングはシビアですが、上手くロープを降り始めることができたらすぐ右へジャンプ。
これでポータルです。

※最初のジャンプで梯子に掴まり、そのまま下へ落ちることで丁度ロープ上ですが、
こちらは若干スタイリッシュさに劣ると判断しました。でもたぶん楽です。

おさらい
前ジャンプ⇒フラッシュジャンプ左押し⇒フラッシュジャンプ下押し⇒ロープ降り右ジャンプ

少ない手順ながら魅せポイント高めの良マップ。

Maple1089.jpg

最終マップ、ワイバーンの峡谷。分かれ道の合流とレヴィアタンマップへの分岐があります。
最難関かつ最高の魅せプレイができる、本企画の華となるマップです。
気合いいれていきましょう。

Maple1090.jpg

まず、後ろへジャンプしてからフラッシュジャンプ。途中で右を向き、軽く勢いを殺す。

Maple1091.jpg

ここで一度着地し、フラッシュジャンプ回数をリセット
すかさず再度ジャンプすることで勢いで後ろへ飛ぶので、その頂点でフラッシュジャンプ。
こうすることで最低限の勢いで、足場に引っかかることなく、
次の目標地点である梯子上にピンポイント着地できます

Maple1092.jpg

交差点で2回目のフラッシュジャンプ。もちろん↓押しっぱ。

Maple1093.jpg

梯子に捕まったら少し降りて、そのまま右のロープへフラッシュジャンプ。

Maple1094.jpg

先ほどは回避したロープ掴まりですが、今回はFJでうまいことポータルに着地するのは難しく、
タイミングが良ければロープに引っかかったように一瞬だけ掴まってそのまま落下するという
とても無駄の少ない移動につながります。

Maple1095.jpg

なお少しだけポータルからズレてるので落下中は右押しです。


おさらい
後ろジャンプフラッシュジャンプ右押し⇒ジャンプ⇒フラッシュジャンプ左押し
⇒フラッシュジャンプ下押し⇒梯子降り⇒ジャンプフラッシュジャンプ
ちょっと掴まり⇒落下しながら右押し


これで龍の巣の入り口に到着!
どうでしょう。とてもスタイリッシュな無駄の数々。
ちょっとでも おぉすげー って思ったそこのあなた。是非挑戦してみてください
成功した時の感動はなかなかのもんですよ

…あとは登るだけなので適当に職業スキル駆使して向かってください!



残像効果がいい味だしてて満足。
200-40.png
別窓 | スタイリッシュムーブ | コメント:7 | トラックバック:0 | top↑
| Once in a Blue MooN |